タイトル画像

〒984-0816
仙台市若林区河原町1-3-17
TEL:022-722-3288 FAX:722-3289
院長 松永 弦
診療案内

診療案内  

◇ 診療科目
婦人科・産科・内科
◇ 診療日
月曜日から土曜日まで
◇ 休診日
日曜日と祝日
◇ 診療時間
月・木・金曜日    9時30分〜12時30分 / 14時00分〜18時00分
火曜日         9時30分〜11時30分 / 14時00分〜18時00分
水・土曜日       9時30分〜12時30分

診療内容

▽ 婦人科一般外来   ▽ 避妊相談
▽ 婦人科がん検診   ▽ 妊婦健診
▽ 更年期外来      ▽ 妊娠中絶術
▽ 不妊相談
 婦人科一般外来
 生理痛・過多月経・生理不順・不正出血・おりものの異常など、気になることがありましたらどんなことでもご相談ください。 徐々に増強する生理痛や過多月経がある場合には、“子宮筋腫”や“子宮内膜症”などの病気が疑われます。また、他に病気を認めない場合の“機能性の月経困難症”や“月経前症候群”には、漢方療法やピルなどのホルモン療法が有効です。精神的な落ち込みやイライラなどを伴う場合には、精神安定剤等を投与する場合もあります。 最近では、10代から20代の女性の間で、クラミジア感染症などの性行為感染症が広がっています。特にクラミジア頚管炎では自覚症状が乏しいため、かかっていても気がつかないこともあります。おりものを検査するだけで診断できますので、気がかりの際には受診をしてください。
 婦人科がん検診
 子宮頸がんの初期には自覚症状がないため、がん検診が有効です。最近は若年者の子宮頸がんが増加しております。20歳以上であればどなたでも検診が受けられますので、年齢や症状にかかわらず受診をしてください。  50歳以上の閉経婦人に多い子宮体がんも検診が可能です。特に、6ヶ月以内に不正出血やおりものの異常が見られる場合には積極的に受診をしてください。  当院では乳がん検診も行っております。現在は30〜40歳代の方は視触診単独検診、50歳以上の方は視触診とマンモグラフィーの併用検診となっております。院長はマンモグラフィー読影医の資格を有し、視触診やマンモグラフィーのみならず超音波検査にも取り組んでおります。 また、平成17年度より超音波断層検査による卵巣がん検診も始めました。ご希望の方は受付までお申し出ください。院長は宮城県立がんセンター出身の婦人科がんの専門医ですので、セカンドオピニオンなどお気軽にご相談ください。
診療内容一覧へ戻る
 更年期外来
 女性は平均すると50歳前後で閉経するため、その前後約5年間は更年期となります。この時期のホルモンの変化に体が対応できない場合には、ほてり・肩こり・手足の冷えなどさまざまな症状を伴い、更年期障害となります。また、人生の中でもお子さんの受験や就職、ご主人の退職などの節目と重なり、精神的にもストレスがたまる時期です。漢方療法やホルモン補充療法などが有効ですので、一人で悩まずにお気軽にご相談ください。
 不妊相談
 避妊をせずに2年間性生活を行っても妊娠しないカップルを不妊症とし、その頻度は約10%です。女性が原因の場合と男性が原因の場合とそれぞれ約50%とされています。必要な検査や治療を行いますので、お気軽にご相談ください。
 避妊相談
 避妊の意識や知識が乏しかったり、間違った知識により不必要な妊娠をしてしまったための10〜20歳代の人工妊娠中絶が増えています。正しい避妊の知識をご提供し、低用量ピルの処方や性交後も避妊ができる緊急避妊法の指導をいたします。避妊リングの挿入も行います。
 妊婦健診
 当院では分娩は取り扱っておりませんが、産科セミオープンシステムでの分娩や里帰り分娩を前提として、妊婦健診を行っております。産科セミオープンシステムとは妊婦健診は当院で行い、緊急時の診察や分娩は病院で行うシステムです。また、その他の施設にもご紹介いたしますので、ご相談ください。健診時の超音波検査の録画サービス(無料)も行っておりますので、ご希望の方はお申し出ください。DVD-RWまたはVHSが可能です。
 妊娠中絶手術
 当院では妊娠12週未満の妊娠中絶手術を行っております。基本的には日帰り外来手術となります。正常妊娠であるかどうか、妊娠週数の診断や検査、手術のご説明などを行いますので、前もって外来を受診してください。
09:30〜12:30 09:30

11:30
14:00〜18:00 × ×